相場が荒れている中、米国株式コカコーラ(KO)か豪ドルどちらに投資するべきか?

豪ドルに投資するのか、米国株式コカコーラに投資するのか迷っている人も多いと思います。わたしもそのひとりです

2019年5月16日現在、トランプ大統領が中国に関税を設けたりしていることにより、FX相場も米国株式相場も荒れています。

個人的にはこのような荒れた相場こそがチャンスだと思いますが、大きく含み損を抱えてしまうのは怖いですよね。

わたしが投資しようと思っている銘柄は、以下の2点のどちらかですね。

  • 米国株式コカコーラ(KO)
  • スワップ目的の豪ドル

この記事を読んでいるあなたも、何に投資すれば良いのか分からないと思っているのではないでしょうか?

今回はわたしが米国株式に投資するのか、あるいは豪ドルに投資するのかについての考えをまとめています。

何を買えば良いのか分からないという、わたしと同じ悩みを抱えているあなたに参考になればと思い、この記事を執筆しました。

米国株式は円高ドル安の時に買わないといけない

実はわたしはコカコーラの株を買って、含み損を抱えています。

コカコーラ2019年5月16日

その時は相場的には悪くないタイミングで購入したものの、その時は現在よりもドルが高かったため、ドルが安くなった時に大きな損を抱えやすい状態でした。なので含み損を抱えることになってしまったのです。

わたしは株式優待目的の国内株式を買う事が多いので、為替相場の変化などは考慮していませんでした。ひとつ大きな発見ができたので、勉強になります。

損をしないタイミングを学習しましたね。

米国株式で利益を得るためには、円高ドル安のタイミングで買う必要があります。今はまさしくその状況になっているんですよね。

豪ドルはどうなのか

円の価値が高まっているということは、他の銘柄等も安価で買う事ができるというものです。

実はわたしはスワップポイントが目的で豪ドルも所持しており、今回の相場の変動で購入していることを迷っている状態です。

これがわたしの豪ドルのポジション(購入したもの)一覧です。

これが現在の豪ドルのチャート。

世界市場が荒れている影響で、わたしが買った時は79円近くだったのにも関わらず現在は75円後半の金額になり、大きく下がっていますね

国内株式でも米国株式FXでも、安い時に取得しなければ利益を得る事が難しいです。

確かに銘柄を所持しているだけでお金が入るインカムゲインで儲けている人もいますが、どれだけインカムゲインが入ろうと銘柄自体の値段が下がってしまえば、利益が全て吹き飛んでしまいます。

現在の豪ドルのチャートを見ればわかるように、今は安い状態なので買い時なのかもしれませんが、今後どれだけ下がるかどうか分からない状態であります。

そのような荒れている中で、多額の金額を投資するのは危険。わたしにはそんな勇気がないです。

もし投資するとしても、ガッツリお金を入れようと思わないです。

なので豪ドルに投資するかどうかは、もう少しだけ様子を見てから判断したいと思います。

結論:米国株式コカコーラ(KO)を買って様子見

トランプ大統領により世界中の株式市場が混乱し続けているので、投資家にとっては利益を出す最大のチャンスですが、あまりにもリスクを取りすぎると大損をしてしまいます。

なのでここは比較的安定しているであろう米国株式コカコーラ(KO)を20株買いながら様子見することにしました。

わたしはしばらく銘柄を買っていない状態なので、ちょっと投資金額を多めにしました。

この記事があなたの決断のお手伝いになったのであれば、嬉しく思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です